Posts Tagged ‘治療家甲子園’

柔道整復師ボランティアチーム(治療家甲子園イメージ動画)

水曜日, 4月 13th, 2011

柔道整復師ボランティアチーム
田尻さんがこんなのを作ってくれていました!

何でこの仕事を選んだのか!って原点がある気がします!

患者さんの笑顔がまぶしいですね!

治療家甲子園を振返って

月曜日, 11月 30th, 2009

昨日は治療家甲子園

日曜日の、朝早くから責任者のメンバーはご苦労様でした。

人間はとかく心配性?!

業界の未来は?
保険行政の行く末は?
未曾有の経済の危機?

敏感に反応するように出来ているのでしょう!

そこで

明るい未来を心に描き
自分たちの求める夢を実現させつつ
今日一日を迎え送る!

そんなのがいいなー!

今日は治療家甲子園当日

日曜日, 11月 29th, 2009
2009112907320000.jpg

全国から321院

今日はそのうち6院が発表してくれる。

治療家甲子園 前日

土曜日, 11月 28th, 2009

今日の土曜日と来週の月曜日で師走に入ります。

さて明日は治療家甲子園

準備で虎ノ門の日本消防会館(ニッショーホール)で一日とおして準備です。

他のメンバーのように宿泊まではしませんが忙しそう。

http://www.chiryoko.com/

学校法人 山野学苑 山野医療専門学校

木曜日, 11月 5th, 2009

今日は治療家甲子園の理事会があった。
http://www.chiryoko.com/

そこで山野医療専門学校
http://www.yamano-mc.jp/
教頭 医学博士
杉崎哲郎氏のお話を聞く機会があった。

20091105-142944EX-Z250

横にいるのは黎明期のメンバーで守屋哲男君だ!
H02.04.01 守屋哲男
20091105-142952EX-Z250

坂本歩先生

木曜日, 10月 22nd, 2009

社団法人 全国柔道整復学校協会
会長 坂本 歩 先生
にご挨拶とご案内に行ってきました。

こちらに説明が
http://www.karadascience.com/Sub10(KantoKiji)/Photo/86Sakamoto.pdf

20091022-112724EX-Z250

二十数年前に机を並べた同級生と集まると
学校の乱立と良いってもよいほどの開設
業界の先行きの話がよく話題になります。

この仕事をしようと学校を目指した時
この仕事を夢見ていた時
自分がどのように活躍してどのように役に立っているか?

そんな将来に対する夢というか憧れみたいな感情を共有したい
青年の主張の様なもの!
自分の院でレポートや論文みたいにしたらどうだろうか?
自分の院だけでなく他の院とも共有できないだろうか?

そしたら、そう感じている人たちがいるんです。
けっこう沢山そう感じている人々がいます。
具体的な形が治療家甲子園
初めての事なので、問題だらけかも知れません。

そうやってごあいさつ、ご案内をさせていただきました。

時間をとって頂きありがとうございます。

 
その後理事長の田尻さんと食事をしました。
聞いて頂きよかった。

嬉しい時はちょっと奮発してしまいます。
浜松町

でも田尻理事長は忙しそう、ご苦労様です。

20091022-114541EX-Z250

20091022-115355EX-Z250

20091022-124856EX-Z250

2009102213310000.jpg

治療家甲子園の会合

火曜日, 10月 13th, 2009

今日は治療家甲子園の会合だ

・11/29の役割分担
・第2回治療家甲子園のイメージなど

午後一時からをだいぶ遅れて参加
みんなびっちり話し合っっている♪

皆真剣だ!熱い!
もうしばらくで当日、私にできる事は!?
ただし
無理な事を引き受けてはいけない!!

少し無理をして、その場しのぎで良い恰好をする。
さみしがりなのかも知れない。
結果的に相手に迷惑をかけることになる

そんな悲しい事をずいぶん経験した。
そんな自分はうそつきだ!
小さい頃から教えは

「秀年、好きな事をやりなさい!ただし人に迷惑をかけてはいけないよ」

何度破った事だろう!

勇気を持って断る!
その勇気が必要だ。

みんな熱くて、実力以上の事を引き受けてしまいそうになる。
そんな気持ちを振り切り、自分の出来る事を考える、想像する。

受けたら精一杯取り組む!
自分たちの仕事に誇りを持って未来を語る人たちがいっぱいいる。

その声を多くの人に届けたい、聞かせたい、聞きたいと思って何年経つだろう。
ようやくその日が来る。

おちおちはしていられない。

20091013-164030EX-Z250

治療家甲子園上位6院

日曜日, 9月 27th, 2009
2009092712380000.jpg
壇上6院が決まり、発表の順番の抽選会です。
20090927-154042EX-Z250

治療家甲子園の壇上6院決まる

月曜日, 9月 14th, 2009

9/11治療家甲子園の壇上6院が採択されました。
惜しくも、われわれのグループは選ばれませんでした。

残念!!

その報告を聞いて今後の進行の打合せです。

090914-182231EX-Z250 

審査会のシーンや壇上6店舗のダイジェストです。
携帯でも見られます、ぜひ覗いて見て下さい。↓
http://www.youtube.com/watch?v=Tq9o5Z1h1DI

 
11月29日(日)の「治療家甲子園」観戦チケットの販売も開始されました。
http://www.chiryoko.com/
インターネットにてチケット申し込み可能です。
パソコンからですね!!

 

700席しかありません、早めの購入がいいでしょう!

 

 

治療家甲子園の説明を以下載せます。

第1回「治療家甲子園」説明

 
治療家甲子園とは?

治療家業界を活性化したいという想いを持つ全国の同志により、業界初の試み「治療院業界で働く人が最高に輝けるステージを提供する」イベント。

理念
「共に学び、共に成長し、共に変わる」
 参加店舗同士で切磋琢磨し(共に学び、共に成長し)一緒に成果を出し、共に閉鎖的な業界に刺激を与える(共に変わる)こと、そして治療院で働く人々が誇りを持ち、働く人全てが輝けば、業界の活性化に繋がると考えます。互いに学び合い、成長し合える、イベントにしていきます。

目的
「カラダ元気!ココロ元気!ニッポン元気!」
 施術をするのも「人」受付を行うのも「人」、患者様をはじめ、全て関わり合うのは「人」だと感じます。現在の日本の社会状況において、治療院で働いている「人」が誇りを持ち、夢を持ち、いきいきと輝いている状態をつくれれば、地域社会や治療院に関わるすべての「人」に体と心を元気にすることができる。それは、「日本を元気にしていく。」ことに繋がります。
 私たちはもしかしたら、「微力」かもしれません。でも、けっして「無力」でもない。だからまずは、この業界からできることを、私たちはしていきます。
治療家甲子園の想い
 治療家の輝く舞台を提供する事が、治療家甲子園の役割です。

 治療家甲子園を開催したい!という思いに辿りついた理由は、治療家というものは、社会や地域貢献性が高い職業にもかかわらず、閉鎖的な業界にみられがちです。

 しかし、アスリートの方が治療院を利用する事も多く、アスリートたちの選手生命をも支えています。だから、大会を開催する事で、治療家という業界をまず知って頂くこと。
 そして、子どもたちのヒーローであるアスリートを支えているという事は、子どもたちの夢を支えている影の立役者であるという事をもっと広く多くの人たちに、知っていただきたい!!!また、地域密着型で経営されている院も多くあり、社会的貢献度も高い業界であります。
 
だから・・・治療家が輝けば、子どもたちに夢と希望を輝かせる事ができる!!
 故に私たち、治療家1人ひとりが誇りを持ち、志を持って働くことが日本の未来を、子どもたちの未来を輝かせることに繋がっている。
 
だから治療家甲子園は、治療家が輝く舞台を作りたい。
 
 檀上に立つ事で、より治療家という仕事に誇りを感じてほしい。
 私たちは、専門職、またスペシャリストだという事を誇りに感じられる治療家の輝く舞台をつくり、互いに切磋琢磨することで、業界を共に変えていけたらと考えています。

小西正行さん

木曜日, 9月 3rd, 2009

小西正行が綴るベンチャー社長ブログ『火の玉blog!!』が熱い

居酒屋甲子園の観戦に2009/08/19行って来ました。

居酒屋甲子園は以前セミナーで同じ班になった大島啓介さんが立ち上げたイベントだという事はあちらこちらで聞いたり見たりして知っていたのですが実際観戦するのは初めてです。

当日は朝8:30現地集合です。

朝から海に向かってプレゼンの練習をしている人が居て

「すごいがんばってるなー」

と感じていたのですがそれが大島啓介さんでした。

こんな風景に向かってプレゼンの練習を朝からしていました。

CIMG9017

CIMG9016

『熱気がすごかった。』

終了後我々は打合せに入りやがて解散

その後元の職員の星野君に連れられ横浜のとある所へ

そこに、小西正行さんという方が居たのです。

しかもなんと次の日には私の写真も掲載されているでは有りませんか!

もう「ビックリ」しました。

興味がわき小西さんの書いた本をアマゾンで購入して今読んでいる所です。

買った本は

 

 

です。

彼のブログは更新の頻度も内容も火をつけられます。